成長と共に瞳の色が変化する犬 写真を比較して検証してみた

プレッツェルについて
スポンサーリンク

プレッツェル目の色が変わりました。

大好物のオヤツを前にすると「目の色が変わる」という意味ではなく、まあ実際オヤツを前にすると目の色は変わってランランしているけどw 「瞳の色が変わる」という意味です。

小さい頃はグリーンの様な色でしたが、成長するにつれてヘーゼルに変化しました。ただ、おっちゃんと子どもたちは「目の色変わったかなぁ?」と半信半疑なので、もしかしてこれは主の勘違い?いや、勘違いではないはず。納得がいかないので検証してみました。

まずは生後2ヶ月。主的にグリーンの目。

1歳4ヶ月。主的にヘーゼルに変化。

絶対変わってる〜!

分かりやすい様に並べてみました。

絶対絶対変わってる〜‼︎

いやこれもう紛れもなく変化してますよね?そう思いますよね?ね?ね?圧がすごいw

ただ撮影条件が違うので、光量の加減だと言われればそうなんですが…(生後2ヶ月の写真は天気の良い日の室内、1歳4ヶ月の写真は曇りの日の屋外)。

ちなみにプレッツェルのお父さん(名はアクセル)も、瞳の色が小さい頃はグリーン(グレーと言っていた様な気もする。適当に聞き流していたのでここは忘れたw)、大きくなったらヘーゼルになったとブリーダーさんが言っていました。

度々登場、プレッツェルの父アクセル

プレッツェルのお父さんも瞳の色が変わっているので、プレッツェルの瞳の色の変化は遺伝だと思われます。瞳の色は瞳の表面の色素で決まるのですが、その色素の優位性が成長するにつれて変化することがあるようです。

例えばグリーンの色素を20%、ヘーゼルの色素を80%持って生まれたとします。最初はその20%が優位に働きグリーンの瞳だったものが、成長と共に80%が優位となり、瞳の色がヘーゼルに変化するというわけです。

買い物カゴに入れられるプレッツェルw 瞳はグリーン(だと思う)

ただ気をつけなければならないのは、病気で瞳の色が変化する可能性もあるということです。

色が白色に変化
  • 白内障
  • 角膜腫瘍
色が赤色に変化
  • ドライアイ
  • 結膜炎
  • 緑内障
  • ぶどう膜炎

以上が犬が罹りやすい目の病気です。ただ今回のプレッツェルの瞳は、

  • グリーンからヘーゼルへの変化であること
  • プレッツェルのお父さんも瞳の色が変化しているため、遺伝の確率が高いこと

以上の理由から、病気ではなく瞳の色の優位性が変わったのだと考えています。

瞳の色は変化したけれど、プレッツェルのキュルルンとした瞳はグリーンであろうとヘーゼルであろうとかわいいものですヽ(´▽`)/ 結局親バカ発動

いつまでも健康な瞳のまま人生を共に歩んでいきたい、そう思う主なのでした。

 

\ブログランキングに参加しています/

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました